残業終わりの定番です

そろそろ年の瀬。毎年のことだけれど、この時期になるととにかく忙しい。残業しなければいけない日も増える。
仕事で遅くなってしまった。お腹ぺこぺこ。間食する暇もないまま、ひたすら業務に打ち込んだ。

そんな自分へのご褒美。最近駅前の屋台の「ドネルゲバフ」にはまっている。大量の鶏肉とキャベツとトマトを「トルティーヤ」のような薄いパンのようなものに挟んだもの。
有名なトルコ料理らしい。棒に突き刺して、大量の肉をグルグルさせながら、じっくり火を通し、巨大なナイフで肉をそぎ落としていく様子はテレビでも見たことある人も多いのでは?

私のよく行く「ドネルゲバフ」屋さんは、私が注文すると「これでもかっ」ってぐらい、具をギュウギュウにパンのようなものに挟んでくれる。パンから溢れ出そうになっても、上から「ギュギュギュ」と押し込み、更に具をのせてくる。頼んだこっちが引いてしまうぐらい、サービス満点。

食べるとお腹も心もいっぱい。明日の私の原動力だ。